Honey Junction

好きなものを好きなだけ。

劇団四季ノートルダムの鐘

劇団四季ノートルダムを観てきました!

 

 

f:id:HoneyJ82:20161228201243j:image

 

f:id:HoneyJ82:20161228201357j:image

 

 

 

(ネタバレを含むので気にしない方だけ進んでくださいね!)

 

 

 

 

 

 


ディズニーアニメーションのノートルダムが大好きなので制作発表があった時からとても楽しみにしていてようやく観に行って来れました( ^ω^ )b

 

 

まず単語で感想を言うと「圧倒的」「おっっっもい」に尽きるかな…語彙力はない…笑

ミュージカルとしてとてもクオリティの高い作品でした。


劇団四季の作品はまだまだ観たことがない作品たくさんあるんですが、観てきた中で歌寄り、ダンス寄りとそれぞれ作品ごとにあるイメージなんだけど、今回は圧倒的に歌で構成されてました!

 

 


12/28 キャスト
カジモド 海宝直人
フロロー 野中万寿夫
エスメラルダ 岡村美南
フィーバス 清水大
クロパン 吉賀陶馬ワイス

アンサンブル、クワイヤ(略)

 

f:id:HoneyJ82:20161228201439j:image

 

 


メインキャストの中で以前見たことあるのはエスメラルダ役の岡村さん^_^
ウィキッドのエルファバで見たことあったんだけど喋ると「え、エルフィ〜〜」ってなった笑

 

 

 

 

 

さて、あらすじは公式HP見てもらうとして、アニメ見たことある人ならだいたいは同じだけど結末がアニメとは違いました。

 

原作寄り〜とは聞いてたけど予習もせずすっぱぬけた状態で見たのでフロローの死に方とかエスメラルダの死とかカジの最後ら辺とかいろいろアーーーーーー!!ってなってうぐぅってなりました(ブログとしてどうなんだこの表現)

 

前に原作の結末に触れたこと、あったなぁと観終わってから思い出したよ。

 

 

エスメとカジの最期は恋人として結ばれてはいないし、ただカジは最期までエスメに寄り添って死んでいったと思うとしんどくて…。
「僕の愛した人たちはみんな死んでいった…」という言葉が重たかったなぁ。

 

 

アニメはそのあたり『キセキ』をちゃんと起こして、エスメと結ばれなくても別の形でみんなに受け入れられることでハッピーエンドに変換していて改めてアニメの面白さも感じられました◎

 

 

四季版は「本当の怪物とは何か」という方がメッセージ性が強かったなぁってかんじ。
怪物や悪ってなんだろう、人ってなんだろうと観た人に考えさせてくれるお話でした。

 

アニメのフロローはとにかく冷酷で非道なイメージだけど、四季版フロローは凄く理性的な印象だった!

理性的だからこそ弟への愛情の向け方やカジモド、エスメラルダへの愛情の向け方が歪んでしまったのかなぁと。

 

アニメと比較すると極悪さが低くなっている気がして、理性的だしそれなりに愛情を持っている人だっただけに、転落死ではなくカジモドの手によって死ぬという展開がショッキングだったなぁ。

 

 

愛情を持っていたとしても一方的だったり、支配しようとしたり、自由を与えないで自分のものにしようとする愛情はやっぱり善とはいえないと思うから、フロローのことは正当化してはならないと感じた。

 

 

アニメのフロローのことやディズニーヴィランズって夢や希望の溢れたファンタジーの世界で最も人間臭くて味のあるキャラクターたちだと思っているんですが、この四季フロローも怪物であり人であるなぁと思った。


そういえばエスメラルダとカジモドはアニメでは友情を築いて(カジは恋してたけど)いたけど四季版の二人はその繋がりが少し弱いなぁと思ってしまった…

だからカジモドの思いもすごく一方的に見えてしまって報われなくて辛かったなぁ。

 

 

 

あとクロパンはストーリーを進める役というか、美女と野獣でいうルミエールとかリトルマーメイドでいうセバスチャンとかそういう役回りなイメージだったので(アニメの印象)今回その要素は薄くなってたのでクロパンにこういうアニメのイメージ持っている人には少し物足りなさを感じるかもなぁ〜〜

 

でもクロパンが歌いあげるところをクワイヤ含めてみんなで歌うことで力強くて迫力があった!!!!

 


歌に関してはフロローの罪の炎がすご過ぎてぞわぞわぞわっときたよ!!??

 

大迫力!!

 

力強く、恐ろしく、正義を信じる悪の歌!って感じでもう圧倒されました!!
クワイヤが赤い照明で照らされていてアニメに出てくるあの赤いやつみたいにみえて怖かったよ…


あれ小さい時見た時トラウマになったけど四季版の罪の炎もだいぶインパクトあるのでこの歌好きな人は期待していいと思います!

 

 

 

*追記*

あっ思い出したそういえば〜っていうのがちらちらあったので追記させてもらいますね!

 

カジモドの喋り方についてなんだけど、耳に引っかかるような話し方で歌うときはハキハキしてるからそのギャップに少し違和感を感じてしまったんだけど、鐘の大きい音を毎日聞いてることにより耳がほとんど聞こえないらしく、だからああいう話し方なんだぁと納得しました。

 

ほとんど聞こえないからあとは口元で判断してる、そういう方の喋り方を上手く演技で表現されていてカジモド役の人は(まだ海宝さんしか見てないけど)すごいなあ〜〜っと。

 

見た目や喋り方を変えているけど素の海宝さんめっちゃイケメンで、最後素顔になったときかっこいい〜〜〜〜✨✨✨ってなりました!

 

最初キャスティングされたときもこの人フィーバスみたいな王子様系のが似合いそうだと思ったけどいろんな役をやれるっていいよね。

 

是非また他の役でも見たいなぁ〜〜って思いました(〃ω〃)?

 

 

 

まだまだある気がするけどこんなかんじで…
すごく考えさせられる、心に響くミュージカルでした!

 

また観に行けるので楽しみです??

 

 

 

 

END